飯島製本株式会社

九十五年の歩み。そして、その先へ。

環境方針

基本理念

私たちの地球はかけがえのないものであり、その地球環境下において全ての生物が健康で持続的な活動を営み、かつ健全な状態を次世代に引き継いでいくために、私たちは環境に対する配慮を怠ることができない。
当社の事業活動、製品、サービスにおいても例外ではなく、恵まれた自然環境の中で事業を営む私たちは経営者も従業員も一体となり、協力会社にも呼びかけて、可能な範囲で環境保全に努めていくのが課せられたひとつの使命であると認識する。
そのために常に次のことを念頭において事業に取り組み、地球環境に融和し、地域住民や全ての利害関係者からの揺るぎない信頼を維持していくことを公言する。

(1)環境に関する法令・規制・協定を順守する
(2)環境パフォーマンスの継続的向上に努める
(3)資源の有効活用とそのための生産技術の改善を推進する
(4)従業員全員の環境保全意識を高く保ち社会との共生を図る

環境方針

当社は書籍、雑誌、カタログ、パンフレット等の本を加工製造する工場として社会に貢献するとともに、全ての事業活動の中で環境に与える主要な影響を継続的に改善することによって、緑豊かな地球環境に融和し、住民・顧客・従業員・その他の利害関係者から信頼される事業者であり続ける。
そのため

  1. 環境への影響を調査および評価し、主要な要因を効果的に低減または削減するため、技術的・経済的に可能な範囲で達成すべき環境目的および環境目標を定める。
  2. そのために計画を立案し、実施し、成果を評価して見直し、さらには次なる改善目的および目標につなげるための環境マネジメントシステムを構築する。この中に  は適切な汚染の予防活動も含める。
  3. 環境に関する法規法令、規制、条例、協定、その他の合意事項を順守するのみならず、自主的な環境管理基準を策定し、いっそうの環境保全を図る。
  4. 従業員に必要な教育訓練を行い、環境保全意識が高く、なすべき行動がとれる人材に育成する。

2005年2月14日
飯島製本株式会社
代表取締役社長 飯島 浩司